画像をクリックすると大きくなります
バンカラの輸入した車両には、エンジン・ミッションに1年間(もしくは10,000キロ)の保証を付けています。



モデル:’40UL      ★★★★ 
車両価格:
SOLD OUT
備考:’40年式ULです。国内登録済で車検もH30.2までとかなり長く残っています。納車整備・名義変更後割と早く乗って頂けます。ガスキャップ・メーターダッシュレンズ・シフトレバー・エアクリーナーカバー・サドルバッグ・ミラーなど社外品が付いています。ビッグツインのサイドバルブはゆったり走れてホントに楽しいモデルですよ。
※写真のミラーは付きません、違う物が付きます。

モデル:’36VLD  輸入新規  ★★★★ 
車両価格:
SOLD OUT
備考:’36年式VLDです。V系サイドバルブのラストイヤーです。翌年からはご存知の様に、ビッグツインはU系、ベビーツインはW系へとモデルチェンジをしていきます。排気量は74Cuiの1200ccですが、ミッションはまだ3速です。そしてオイルを循環させるポンプは手動で操作します。ナックルからは自動のオイルポンプが装備されますがそれまでは手動で定期的にオイルを送ってやります。無茶苦茶にブッ飛ばさなければ普通に走れますよ。

モデル:’53K カスタム   ★★★★ 
車両価格:
SOLD OUT 
備考:45cui(750cc)の初期Kモデルです。ハードテールを組んで軽い感じのカスタムに仕上げています。タンクのスポーツロゴは何と手書きによるモノなんです。エンジン・ミッションはO/H済で普通に乗って頂けます。また電装系は12Vに換装してあるので夜でも安心ですよ。車検も付いて名変後直ぐに乗って頂けます。

モデル:’53KK  輸入新規  ★★★★ 
車両価格:
SOLD OUT
備考:’53年式KK。下のKと殆ど同じなのですが、ポートやヘッドが研磨されていたりカムが少し違ったりします。それらのお蔭でノーマルのKモデルより最高速度が5マイルほどあがったそうです。タンクに’57年のエンブレムが付いていたり、Rフェンダーが後のXL系の物に変わっていたりしますが割とオリジナル度も高く雰囲気の良い車両です。排気量が750ccなのでブンブン走るって感じではないのですが、トコトコとゆっくり山里を走るにはもってこいの車両です。

モデル:’39UH オリジナル  輸入新規 ★★★★☆ 
車両価格:
SOLD OUT
備考:’39年式UH、生産台数92台の超稀少車です。2段下の姿からオリジナル スタンダードソロ スタイルにレストアしました。
30sBTサイドバルブガスタンク・前後ナローブレスフェンダー・前後ケルシー&ヘイズ18インチホイール・前後ステップドハブ・イートンガスキャップ(薄溝)・30sソロシート(ノンベント・オープンシーム)・フットボードエクステンション・リンカートM−51L・3リベットチェーンガードを新たに調達してパーツ的には消耗品を除き、サイレンサー・フットボードマット・オイルライン以外はオリジナルパーツで仕上げてあります。もともとのベースとしてこの車両はフレーム・フォーク・エンジン(もちろんマッチング・オリジナルシリアル)・ミッション(39オンリー)など核になる箇所全てが出荷されたオリジナルのままなのでこうして手を入れて仕上げると凄く良い車両だと云う事が分かります。30sの世界に如何でしょうか。

モデル:’56KHK レスウィバー レプリカ  ★★★★ 
車両価格:
SOLD OUT
備考:’56KHKで、60年代前半ダートトラックレースで無敵だったレスウィバーのKRレプリカを作ってみました。軽い車体にハードテールの組み合わせで乗り味は独特なものがあります。クイックなレスポンスのM−53も面白いですよ。

モデル:’39UH オリジナル  輸入新規 ★★★★☆ 
車両価格:
SOLD OUT
備考:’39年式UH、生産台数92台の超稀少車です。何とも云いがたいヤレた車両ですが立ち姿は非常に良い車両です。’39年オリジナルミッション、ナロークラッチなどレアなパーツも満載です。年式違いや社外パーツは、前後16インチホイール(Fはステップドハブ)、Rフェンダー(ワイドブレス)、ガスキャップ(’55〜)、リンカートM58(UHはM51L)、サイレンサー、コイル、グリップ、バッテリーウイングナットなどで、それ以外はほぼ’39年のパーツです。残念なのはRチェーンガードが’39年の3リベット部分が破損している事とフットボードのラバーが無い事です。
このまま乗るも良し、Rフェンダーや前後18インチホイールを付けて綺麗にレストアして乗るも良し(タンクは色を剥がすのはもったいないので新たに探した方がいいかな)ですね。

モデル:’49WL オリジナルペイント  輸入新規 ★★★★★ 
車両価格:SOLD OUT
備考:’49WLのオリジナルペイントです。小キズは勿論ありますがタンク・フェンダーの塗装状態はかなり良い車両です。そして、タンク・フェンダーのみならず、プライマリー・ツールボックス・チェーンガード・センタースタンドなどの小物類の塗装が無茶苦茶良いんです。それらの肌の状態が全て揃っていて元々この車両に付いていたんだろうと云う事を感じます。バッテリーボックス周りはかなりダメージがありますが、うっすらと残っているパテントデカールがたまらない良さを醸し出しています。WLとしては高めの設定ですが、レストア車両で350万円くらいであれば、ここまで状態の良いオリペンでこの値段なら本当に買いだと思いますよ。真のWLフリークの方に如何でしょうか。

モデル:’40WLD 輸入新規 ★★★★ 
価格:
SOLD OUT 
備考:W系の戦前にだけ存在したWLDと云うちょっと変わったモデルです。ビッグツインSVで使用されていたM51と云う口径の大きなキャブを標準で装備していたり、ビッグフィンのアルミヘッドや後のWRにも使用される深いフィンのシリンダーも標準装備のスポーツモデルです。この車両はフェンダーを軽量化し、ライト類も小振りの物に変え更にレーシーでスポーティーな雰囲気を出しています。






 
 Copyright (c) 2000-2011 BANKARA inc. All Right Reserved